カテゴリ:パ・リーグ > 北海道日本ハムファイターズ

    1: 名無し 2019/11/10(日) 17:40:26.16 ID:q45079x4d
    https://news.livedoor.com/article/detail/17352480/
    でも、国歌斉唱ぐらいはマジメに歌うのかなと思ったら、口がまともに動いているのは稲葉監督とベテランのソフトバンク松田選手ぐらい。
    よりによって、日本ハムから選ばれた近藤健介選手などは歌いもしないでニヤニヤ。

    これには『涙を流して歌っていたラグビー選手たちとここまで違うもの?』『誰なの?あのニヤニヤしてる選手は』『歌わなくても表情ぐらい真剣にやれ』『野球が嫌いになりそう』
    『歌ってるの監督だけじゃん』『坂本もキャプテンならもっと手本になってほしい』『ラグビーは外国人も歌っていたのに爪の垢でも煎じて飲めとはこういうことですね』といった具合で、ラグビー日本代表と比較して不快感を表明する声もかなり多かったですね。

    【【悲報】日ハム近藤、国歌斉唱の件で叩かれる】の続きを読む

    1: 名無し 2019/11/06(水) 23:37:42.32 ID:+C181r4D0
    6日、沖縄・国頭村で行っている秋季キャンプで、約1時間のロングティーなど打撃の“猛トレ”を敢行。
    巨人時代の先輩にあたる小笠原道大ヘッド兼打撃コーチ(46)の指導のもと、フラフラになりながら連日ハードメニューをこなし、飛躍の来季を思い描いた。


    新たに就任した巨人時代の大先輩、小笠原ヘッド兼打撃コーチが提案する工夫を凝らした打撃練習に、野手のほぼ全員が悲鳴を上げている。バットを振る量は、必然的に昨年の倍に。
    「巨人時代は怖くて、あまり話したことがなかった」と言うが、今は的確な助言に感謝。「ヘッドは現役時代にいっぱい練習していたので(厳しい練習を課されても)納得がいく。いいお手本」と、尊敬のまなざしを送った。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191106-11060862-nksports-base

    【大田泰示、小笠原道大にビビる「巨人時代は怖くて話したことがなかった」】の続きを読む

    1: 名無し 2019/11/05(火) 17:11:12.65 ID:R3XAJdKDp
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191105-00000015-ykf-spo
    「たとえば高校生を獲るときに、『じゃあ何年でポスティングで米国に行かせるから』とか、
    もしそういうのを契約に入れていたら重罪だよね。(選手側も)『それだったらプロに行こうか』
    というのがもし起こっているのなら、重罪だよな。日本の野球界に、
    NPB(日本野球機構)に対して発展というものを思ってやっているのか」

    【原監督、日本ハムの大谷ポスティング放出を大批判「重罪」】の続きを読む

    このページのトップヘ