カテゴリ:セ・リーグ > 東京ヤクルトスワローズ

    1: 名無し 2020/06/04(木) 11:21:36.03 ID:JWEKMivN0
    ヤクルト村上 体調不良で中日戦欠場 塩見はコンディション不良
    https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/06/04/kiji/20200604s00001173127000c.html

    【【悲報】ヤクルト村上 体調不良で中日戦欠場・・・】の続きを読む

    2020042101-02
    1: 名無し 2020/06/02(火) 14:29:33.06 ID:xlFQ/Ho0a

    【中日1イニング3エラー10失点wwwwwwwwww】の続きを読む

    1900024
    1: 名無し 2020/06/01(月) 06:43:10.39 ID:sqs74CjU0
     ヤクルトのドラフト1位、奥川恭伸投手(19)が31日、2軍本拠地の戸田球場で、プロ入り後初めてフリー打撃に登板した。同じ高卒新人の長岡、武岡、育成選手の内山の3人を相手にのべ8打席対戦。
    スライダー、フォークを交えて27球を投げ、最速は152キロをマークした。結果だけではなく、新人離れした投球内容に担当の田島正登記者が「驚いた」。

     マウンドで右腕を振る喜びに浸った。自己評価のハードルが高い右腕が「久しぶりに打者に対して投げることができました。良かったです」と納得のコメント。
    立ち上がりはマウンドが合わなかったのか、2人目の長岡にストレートの四球を与えるなど、6球のうち5球がボール。だが、浮足立つことはない。チーム関係者が「さすが」と舌を巻いた修正能力で、すぐに立て直し、実戦感覚を取り戻した。

     平均で150キロ近い直球の球速もさることながら、驚くべきは4度も空振りさせたことだ。フリー打撃では事前に打者に球種を予告した上で対戦。球種が分かっていて空振りさせるシーンは珍しい。
    相手が同じ若手とはいえ、同じ高校侍の武岡からフォークで2度の空振り三振、ファウルで粘る長岡のバットも最後は空を切らせるから、末恐ろしい。
    小川GM、伊東編成部長らも訪れた中、安打性の打球は1本。荒れた序盤から打って変わり、その後の21球中19球がストライク投球だった。

    【ヤクルト奥川、初の打撃投手で最速152キロ】の続きを読む

    1: 名無し 2020/05/30(土) 20:19:48.87 ID:Y52tnfQN0
    山田がホームランを打ち
    石川が好投したらしい

    【【悲報】ヤクルトスワローズ、本日紅白戦を行うも情報がない】の続きを読む

    1: 名無し 2020/05/26(火) 21:25:14.91 ID:VkQ800xdM
    何で?

    ガチモンの化け物やん

    【村上宗孝(20) .231 36HR 98打点 OPS.814 5盗塁←そこまで騒がれない理由wwwwwwwxww】の続きを読む

    このページのトップヘ