カテゴリ:セ・リーグ > 横浜DeNAベイスターズ

    large-97671a0217676ae8533f68b775fa85ba
    5: 名無し 2020/08/28(金) 20:55:28.67 ID:5z/7wjN8r
    むしろ思ったより悪くなかった

    【【悲報】山崎康晃 防御率6.000勝3敗6S WHIP1.65】の続きを読む

    1: 名無し 2020/08/27(木) 22:58:18.28 ID:BoR9tGK/a
    なにがあったんや…

    【倉本寿彦(De)打率.331 OPS.802←こいつwww】の続きを読む

    1: 名無し 2020/08/25(火) 23:27:32.12 ID:C8y1AxNW0
    なんやこいつ…

    【山﨑 康晃(デ)0勝3敗6S 防御率5.87】の続きを読む

    1: 名無し 2020/08/25(火) 13:53:45.36 ID:S4KXPa5d0

    【細川成也 .290 6 25 OPS.899←こいつが一軍に上がらない理由】の続きを読む

    xcIhBMjl_400x400
    1: 名無し 2020/08/25(火) 00:04:29.81 ID:4MqZfwdY0
    私が監督である限り、佐野は「4番・レフト」。

    ――まず攻撃面に関して。直近の対ドラゴンズ3連戦で数字を落としたものの、リーグで2番目に高いチーム打率(.267)をマークしています。主軸を中心として、打線はおおむね好調でした。

    「今シーズンのテーマは“デイ・バイ・デイ”ベースボール。試合ごとに打線を組み替え、起用された選手たちそれぞれがいい結果を出してくれたことが、チーム打率の高さにつながったのだと思う。
    レギュラーだけではなく、主にバックアップを務める選手たちもよくやってくれて、打率を押し上げてくれた。中軸では、佐野恵太と宮﨑敏郎が非常に安定していた」

    ――日々、バラエティに富むラインアップが組まれたなかで唯一、「4番・レフト」で不動だったのが佐野選手でした。打率.333はリーグ1位。
    7月22日にようやく第1号が出たホームランも、気がつけばチームトップタイの9本にまで伸びています。

    「佐野の成績は、多くの人が期待していた以上のものだろう。彼に期待を懸けてきた私の予想をも上回っている。もともと対右ピッチャーには強かったが、今年は対左でもすばらしい成績を残しているし、得点圏打率もゆうに3割を超えている。

    私がベイスターズの監督である限りは、彼を4番・レフトで起用するつもりだ。ベイスターズの4番・レフトは佐野。“ベイスターズ=佐野”と言ってもいいくらいの立場を彼には築き上げてもらいたい」
    https://sp.baystars.co.jp/column/forreal/200824/index.html

    【ラミレス「私が監督である限りは4番は佐野、ベイスターズ=佐野になってほしい」】の続きを読む

    このページのトップヘ