250px-Mariano_Rivera_allison_7_29_07
1: 名無し 2019/02/07(木) 11:35:58.14
Mariano Rivera Is The Most Overrated Player Of All Time (Tom Van Riper)
https://www.forbes.com/sites/tomvanriper/2019/01/22/mariano-rivera-is-the-most-overrated-player-of-all-time 

殿堂入り発表直前の1月22日に書かれた記事

(抄訳)


今夜、マリアノ・リベラは歴史上もっとも過大評価された野球選手として名前を残すことになるだろう。



様々な情報を総合すると、リベラは今夜、史上始めて、満票で殿堂入りする選手になりそうだ。
もしかすると満票にわずかにとどかないかもしれないが、そんなことはどっちでもいい。

いずれにせよ、(最終回を投げるだけの)パートタイマーの専門職に、圧倒的な票が投じられるのは確実なのだ。
勝利にさしたるインパクトをもたない、限られた能力の選手が称賛される。これがどんなにきまりの悪いものになりうるか、
リベラの殿堂入りは余すところなく伝えてくれるだろう。

そういえば、殿堂入り資格という点ではリベラよりも更にふさわしくないトレヴァー・ホフマンも、
票の割合は79%とリベラには及ばなかったものの、昨年殿堂入りしている。

(続く)

2: 名無し 2019/02/07(木) 11:36:24.85
続き)


そもそも、クローザーという役割が過大評価されていることは明らかだろう。リベラは確かに限られた意味では
偉大な投手だったし、活躍できる期間が短くなりがちなクローザーでありながら、それを長く続けたのは、
他の多くの一流クローザーよりも優れていた点だ。

彼は、カットボールを投げまくって(といっても1イニングを週に2,3度投げるだけだが)評価を稼いだ。
バッターは、リベラがカットボールを投げるとわかっていても、いざ投げられると面食らったものだった。

しかし、そんな武器を持っていたところで、彼がシーズン200イニング投げられるようになったわけでもない
(優れた選手であればあるほど、多くプレーするのは、スポーツでは確立したお約束なのに)。

例えばたまにしかプレーしない野手がいて、毎年150打席・打率3割・10本塁打の成績を続けたとしても、
殿堂入りするなんてことはありえないだろう。彼がシーズン500打席打つ打者と同等のものを生み出しているなんて、
誰も思わないからだ。

ではなぜ、年間70イニングしか投げないクローザーが、こんなに持て囃されるのか?リベラはキャリアの初期に
わずかに先発を経験しているが(碌な成績ではなかったが)、それを別にすれば、1試合のうちに同じ打者と2度対戦したことなど
ほとんど無かっただろう。

(続く)

3: 名無し 2019/02/07(木) 11:36:49.37
(続き)


こんな反論があるかもしれない。「投球の絶対量が少なくても、それを埋め合わせるだけの価値を生み出しているのだ。
クローザーが投げるイニングは確かに短い。しかし1~3点差といった僅差の試合の最終回を守るからこそ、彼らは重要なのだ」、と。

残念ながら、それは間違っている。

どの回にも劣らず重要なのは、(最終回ではなく)初回を0点に抑えることなのだ。序盤でリードされると勝利の
確率が大きく下がることは、データが示している。もし「価値の低いイニング」があるとすれば、それは大差がついた後だ。
しかし勝敗が定まっていない段階であれば(終盤に限らず)どの回であっても等しく重要なのだ。そもそもリベラの
キャリアrWAR56という数字は、辛うじて殿堂入り出来るかどうか、といった水準に過ぎないが、その数字でさえ、彼が投げた
終盤回に過剰に重きを置いた測定法によって、水増しされているのだ。


リベラが2012年5月3日、足を負傷してシーズンの残りを棒に振ったことを覚えているだろうか?当時、テレビの
コメンテーターたちは一様に言っていたものだ。「これはヤンキースにとって大打撃だ!」と。しかしもちろん、
そうはならなかった。ヤンキースはシーズン95勝で地区優勝し、さらにリーグ優勝決定戦まで駒を進めたのである。
リベラの代役を務めたロバートソンとソリアーノが9回のリードを守りきれず負けにしてしまったのは4試合だが、
それは1年前のシーズンでリベラがやったのと同じ数だ。


(続く)




4: 名無し 2019/02/07(木) 11:37:13.78
(続き)

実は、史上最高の投手と目されるウォルター・ジョンソンでさえ、殿堂入り投票では8割の得票しか得ていない。
それなのに、リベラは満票になりそうだ。そのことを捉えて、先週の木曜日、著名な野球歴史家のジョン・ソーンは
こんなツイートをした。

「殿堂入りの得票率は、選手の能力ではなく群集心理の賜物だね」。

彼はリベラに投票しないといったわけではないが、本質をついている。リベラを巡る群集心理は、かつてないほどのものだ。
野球コラムニストのビル・バロウがリベラの殿堂入り資格について(疑問を呈する)理にかなった記事を書いたところ、
あらゆる方面から大バッシングを受けた。偉大なるリベラ様を前にしては、お追従しか許されないようだ。


事実は以下の通りだ。

メジャーリーグの試合では、8回までリードしていれば、平均95%の確率で勝利する。優秀なクローザーがいたところで、
それを更に向上させる余地など大してない。たかだか1年に1,2試合勝利を増やす程度のことだ。

そんな選手に中核選手としての価値はない。まして殿堂入りに値するはずもない。

(以上)

5: 名無し 2019/02/07(木) 11:38:00.28
なんか最近はメジャーでもそういう方向なんかな

7: 名無し 2019/02/07(木) 11:38:04.94
満票予想されてたの?

10: 名無し 2019/02/07(木) 11:38:47.55
>>7
昨年末、記者の一人が「俺は投票しない」とか言ったら騒ぎになったくらいやからね

9: 名無し 2019/02/07(木) 11:38:39.42
つまりオープナーの1番手は神ということか

12: 名無し 2019/02/07(木) 11:38:55.71
印象で決まるのが嫌なら記者投票やめるんやね

13: 名無し 2019/02/07(木) 11:39:38.91
まあ確かにはじめての満票はちょっとね

14: 名無し 2019/02/07(木) 11:40:22.39
先発がやはり最も大事か

17: 名無し 2019/02/07(木) 11:40:47.30
まぁ中継ぎは質より数だと思うわ

24: 名無し 2019/02/07(木) 11:42:27.53
>>17
ワイ猫、同意しない

28: 名無し 2019/02/07(木) 11:43:11.06
>>17
西武の中継ぎ知らんな? ちびるで

25: 名無し 2019/02/07(木) 11:42:36.39
サイヤングの方がすごいよな

38: 名無し 2019/02/07(木) 11:44:44.56
>>25
サイ・ヤングはまあすごいけど
ウォルター・ジョンソンはそこまでかな
だいぶ離されてるよ

26: 名無し 2019/02/07(木) 11:42:38.89
たった一イニング抑えるだけだからな
さいてょでもできる

27: 名無し 2019/02/07(木) 11:42:40.57
でも実際は米球界もクローザー至上主義で動いてる面があって
批判するとバッシングされるって記事だよね

30: 名無し 2019/02/07(木) 11:43:21.64
勝利のお膳立てしてもらってるだけやもんな

31: 名無し 2019/02/07(木) 11:43:23.30
当たり前なんだよなあ

32: 名無し 2019/02/07(木) 11:43:31.63
でも最強チーム作るなら絶対入るやん?
先発の6,7番目でもなんとかなりそうだけど安心やん

33: 名無し 2019/02/07(木) 11:43:45.92
序盤専門投手とか作ったほうが、まだいいということになるか

45: 名無し 2019/02/07(木) 11:45:30.99
>>33
オープナーやなあ

34: 名無し 2019/02/07(木) 11:44:11.57
90%くらいで殿堂入りならこんな批判はなかったやろけどな
過去の殿堂入り選手含めて最高かと言われれば確かにね

36: 名無し 2019/02/07(木) 11:44:30.68
どう考えても先発で投げられる奴全員そろえたほうが強いよな

41: 名無し 2019/02/07(木) 11:45:00.65
セイバーはメンタル無視やもんな
プロなんてみんなメンタル強いやろけどそれでもずっとプレッシャーかかる場面投げてたのは評価されるべきやわ
セイバーやと配線処理の1回とクローザーの1回が同じ勝ちなんやろ

44: 名無し 2019/02/07(木) 11:45:25.18
リリーフのWARが低いのはルールや戦略の問題であってな
壊れずに投げ続けるって大変やで

引用元 : https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1549506958/l50