2020年04月

    unnamed
    1: 名無し 2020/04/30(木) 06:43:33.43 ID:widpcZ7l0
     夏の甲子園で“ハンカチ王子”として一世を風靡したのも今は昔。プロ10年目を迎える斎藤佑樹がいよいよ崖っぷちに追い詰められている。

     今季オープン戦初登板となった2月24日のDeNA戦、斎藤は厚沢和幸ベンチ兼投手コーチから「スピードじゃないんだという、斎藤佑樹が出せる“味のある投球”を求めている」との期待を受けて送り出されたが、その思いにまったく応えられず。
    元メジャーのテイラー・オースティンに特大弾を浴びるなど3回4安打3失点で降板し、試合後には栗山英樹監督に二軍降格を告げられた。

     その後は教育リーグで登板機会を与えられたが、そこでも”味のある投球”からはほど遠いパフォーマンスしか出せていない。日本ハム担当記者も「ストライクを取るのも四苦八苦。これでは首脳陣も使いようがない。
    斎藤が登板すると記者席では『今日も長くなりそうだな』という声が聞こえてくる」とため息をつく。

    【【悲報】斎藤佑樹さん、チーム内で孤立していた】の続きを読む

    1: 名無し 2020/04/30(木) 06:20:54.08 ID:BY+xxMDPM
    昨季までプロ野球の中日で外野手としてプレーした友永翔太さん(29)は、既にウーバーイーツの配達員として働き始めている。
    「今、皆さんに喜んでもらえるには何をしたらいいか。例えば僕の力でマスク(の供給)は難しい。
    でも、誰かの助けになりたい」と28日に開始。自転車で名古屋市内を駆け巡り、2日目のこの日は8軒、距離にして30~40キロを走った。

    昨オフの退団後、アパレルの会社を起業。
    だが、コロナ禍で中国の工場が操業をストップし、開店休業状態になってしまった。
    「野球の個人トレーナーを始めようと思ったのですが、それも厳しくなった。
    今はヘトヘトになって1日1万円もらえるかどうかですが、金額じゃない部分があります」。
    ルーキーだった15年に自己最高の年俸1000万円。
    華やかなプロの世界だけでは知り得なかった社会経験を積んでおり、「ウーバーイーツは社会勉強」と繰り返す。

    玄関先に商品を置いて立ち去る配達が過半数のため、今のところドラ党に元選手として指摘されることはないという。
    「コロナが収まって自分の仕事が軌道に乗るまで1か月程度限定のつもりでしたが、皆さんが喜んでくれるなら続けようかな」。
    かつて中日で背番号1を背負ったプライドを捨て、ペダルをこぎ続ける。(田中 昌宏)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200430-04290285-sph-base
    no title

    【【悲報】元中日の友永翔太さん、ウーバーイーツの配達員だった】の続きを読む

    images (3)
    1: 名無し 2020/04/29(水) 21:18:13.82 ID:Z67kKLZ/MNIKU
    桑田真澄ってマジで打てる投手やんけ…
    しかも34歳でこれかよ

    【桑田真澄(34)51打数15安打.294 1本9打点OPS.798】の続きを読む

    1: 名無し 2020/04/29(水) 21:03:53.26 ID:59xQqqOR0NIKU
    SNSで知見を得たことに「フレーミング」がある。名手の1人として挙がっていたのが、楽天の太田光捕手。以前本人に聴いた。
    「僕なんか全然です」と言いつつ「(捕球する)タイミングも大事。投手にとっても1球で変わるので」と重要性も。実は「大学の時は名前も知らなかった」
    #RakutenEagles
    (1/4)

    https://twitter.com/t_ikunori/status/1255389231217868802?s=21
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

    【楽天光山コーチ「フレーミングの良い捕手はMLBで10勝の価値があるといわれている」】の続きを読む

    G20081201Z00001010_view
    1: 名無し 2020/04/29(水) 19:25:33.58 ID:gDlFm4Mv0NIKU
    元中日・落合英二氏
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200417-00000072-dal-base
    落合氏はロッテの投手コーチを経て、18年に再び韓国に渡り、昨秋にはサムスンの2軍監督に就任
    反日運動が高まった昨年には、球場での心ないヤジに胸を痛めることもあったが、球団のオファーを受諾した

    10年に中日時代の同僚・宣銅烈の誘いを受けて韓国・サムスンの投手コーチに就任
    投手陣を立て直してチームを2年連続で韓国シリーズ優勝に導いた。教え子の中には
    14年に阪神に移籍し、2年連続で最優秀救援投手に輝いた呉昇桓がいた

    韓国にいたのか落合英二

    【元中日・落合氏サムスン2軍監督に】の続きを読む

    このページのトップヘ