2019年02月

    • カテゴリ:
    1: 名無し 2019/02/28(木) 22:13:26.10
     打者であるホーナー選手と違い投手であるキンブレル投手の場合、たった1年とはいえNPB入りすることはボールやマウンドの違いによる環境変化によるリスクは伴うものだ。
    ただ1シーズンを棒に振り浪人生活を送るよりは、しっかり実戦を積んでいた方がスムーズにMLBに復帰できるはずだ。また1年限定を前提としたオファーならキンブレル投手もNPBに挑戦しやすいだろうし、NPBの方もそれを理由に年俸額も節約できるだろう。
    https://news.yahoo.co.jp/byline/kikuchiyoshitaka/20190224-00115955/

    【【朗報】MLB最強クローザーのクレイグ・キンブレルさん、ガチでNPBへwwwww】の続きを読む

    2018012200006_1
    1: 名無し 2019/02/28(木) 18:34:00.85
    プロ野球、阪神の藤浪晋太郎投手(24)が27日深夜放送のMBSテレビ「戦え!スポーツ内閣」(水曜後11・56)に出演。「失った2年を取り返す」と復活への決意を語った。

    藤浪は2012年に大阪桐蔭高からドラフト1位で阪神に入団。ルーキーイヤーから3年連続2桁勝利を挙るなど将来を期待されたが、ここ2年は不振で苦しんでいる。

    番組ではMCの武井壮(45)が元阪神の藪恵壹氏(50)とともに阪神キャンプで直撃インタビューを敢行した。

    「一昨年、去年とふがいない成績。今年はまずローテーションを勝ち取ることが大事」と新シーズンの目標を語った藤浪。「失った2年を取り返す」と決意を述べた。

    また、武井からボールを投げる際に意識していることを問われると「安定感というか再現性。常に同じ動きをするのが第一。安定してボールを投げることを意識してブルペンに入っている」と話した。

    ここ数年の不振について、大先輩である藪氏から「ボールを離す瞬間で今までいろいろ悩んできたと思う」と話すと、藤浪は「投げれる体制に持っていくってことがここ2年できていなかった」と分析。

    「自分はボールを前で離したいタイプ。前で離すフォームになってないので、どれだけ前で離そうとしても離せない」と語り、そのためのトレーニングを日々積んでいることを明かした。
     
    武井から「ある程度成果は出てきてますか」と聞かれると、「かなり体は動くようになっている。自分が思っている感覚。ここ2年は違うな違うなと思いながら投げていた」と手応えを口にした。

    【【朗報】阪神藤浪「失った2年間を取り戻す。」と復活へ手応え!w】の続きを読む

    このページのトップヘ