2018年12月

    20180111s00002000218000p_view
    1: 名無し 2018/12/31(月) 20:21:53.03
    @kskgroup2017
    日本人の皆さん、今年もありがとうございました。

    ちょっとホロ酔いの勢いで言うけど、

    お前ら全員愛してるぞ!w

    https://twitter.com/kskgroup2017/status/1079697709131395072?s=21
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

    【【速報】本田圭佑さん、大晦日の勢いでとんでもないツイートをしてしまう!w】の続きを読む

    1: 名無し 2018/12/31(月) 15:41:54.09
     まだ何も始まっていないのに過剰な注目を浴び、大阪桐蔭の西谷浩一監督は世間の騒ぎと目の前の選手たちとの間にキャップを感じていた。

     注目の筆頭だった根尾についても、こう語る。

    「入学当初の中田(翔)なら、誰が見てもすごいですし、大きく騒がれても仕方ないという気持ちでしたが、根尾の場合はそれとは違う。打者としての力で言うなら、森友哉は飛び抜けていましたが、そことも違う。

     もちろん根尾もいい選手ですが、森はほかにいないレベルのバッターでしたから。でもそういうことを言うと、僕が謙遜しているようにとられてしまって……。世間の注目と、とくに下級生時の根尾や藤原(恭大)の実力との間には、まだまだ大きなギャップがありました」

     根尾は2年時に春夏連続して甲子園を経験しているが、31打数8安打(打率.259)、0本塁打、7打点。投手としても2試合に登板して3イニングを投げたのみ。

     一方の藤原も、1年夏からレギュラーとして出場しているが、2年時の2度の甲子園では37打数7安打(打率.189)、2本塁打、3打点。センバツ決勝の履正社戦で2本塁打を放ちインパクトは残したが、ともに本格的な活躍はこのあとだった。

    「根尾については、僕らのなかでは段階を踏んで順調に成長していました。でも、みなさんが思う根尾には達していない。そういう状態が続いていたと思います」

    【大阪桐蔭・西谷監督「(根尾昂は)みなさんが思う根尾には達してない。」】の続きを読む

    このページのトップヘ